腱鞘炎の肘 しびれ - 原因 治療 整体 大阪

肘の痛みと共に合併症の原因も考える

手足の痺れ 肘の しびれ

健康と病気を考える雑談日記 原因と治療の根元


腕や肘が痛かったり、しびれや腱鞘炎の原因は筋肉や神経の疲労が原因で起こっていると思います。


 痛みの症状

腱鞘炎の症状は手首や肘のしびれがあり、ひりひり痛いのが腱鞘炎の症状になります。

腱鞘炎だとおもったり、可能性があると思った場合は、まずは整形外科に行くと良いと思います。


 ストレスの影響

整形外科で薬をもらい、手首の場合はテーピングをしたりします。

腱鞘炎に限らないのですが、原因を突き詰めないといくら腱鞘炎の手当てをしても一向に治らないので、原因を突き止めたほうが良いと思います。

原因を突き止め、根本からの治療が必要だと思います。

腱鞘炎のまま無理をしていたら、手首や肘、肩などに広がり、腱鞘炎の範囲が広がってしまいます。

ひどくなると、手を上げるのも辛くなり、手を下ろすのも辛くなります。

腱鞘炎は注射をうってもらうと2〜3日位で痛みが引いて楽になりますので、注射を打ってもらうと良いと思いますが、病院によっては治療の考えかたが違ったりするので、早く痛みを取りたい場合は注射をすると良いと思います。

注射をうっても中々腱鞘炎のしびれ等がとれない可能性があります。

その場合は、手術を行なうことになると思います。

手術はなるべくしたくないですが、腱鞘炎の痛みやしびれが無くなると思うと最後は手術を行ない、完治できるようにしたほうが良いと思います。



トップページ
目の奥の頭痛
接骨院の腰痛治療
しびれと腱鞘炎
四十肩とヘルニア



Copyright© メニエール病の専門医と診断 腱鞘炎. All rights reserved.